とてとて実況プレイ

--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.06.21 実況環境まとめ(10/06/21版)
【検索でこの記事に直で来られた方へ→この記事以外にも動画作成記事があります→まとめ

いろいろ今までまとめてましたが、
変更があちこちあって、すごい分かりにくいことになってて
質問もチラチラと貰ってたので、これを機に整理してみました。

参考にするなり煮るなり焼くなりしてやってくださいw
でも責任は持ちませ(ry

■PCスペック
CPU:Core 2 Duo E8500 (3.16GHz*2 キャッシュ6MB)
RAM:2.00 GB
OS:Windows7 Ultimate 32bit

(昔:龍3Part19-2まで)
CPU:Pentium M (1.70GHz キャッシュ1MB)
RAM:1.00 GB
OS:Windows XP Home Edition


■使用機器&配線
haisen-n.jpg

◆録画に使用
・キャプボ・PS3用・Wii用
 
・音声用コネクタ・S端子用コネクタ・S端子&音声分配ケーブル

*キャプボは32bit環境じゃないと動きません。超注意。
*PS3のS-AVケーブルは、PS2用ってあるけど、PS3もおk。


◆自分の声を録音するのに使用
・ヘッドセット・延長してTVに差す用



■使用アプリケーション
◆キャプチャ
  →キャプボ付属の「DVD Moviwriter5」
◆声録音
  →Moo0 ボイス録音器 (録音時間無制限)
  →ボリュームロッカー (Moo0が勝手にマイクボリューム100にいじってくるのを阻止)
◆編集
  →VideoStudio 12
◆エンコード
  →ニコエンコ(現在配布中止)
    ニコエンコというエンコードソフトは2種類あり、
    今はもう公開されていない方のものです。
    大百科で言うロツア製っていうほう→【ニコニコ大百科】ニコエンコとは


■編集からエンコードまで
ビデスタで編集し終わったら、
ビデオファイル作成→カスタム→ファイルの種類はMPEGファイル→オプションを開いて
2_20100621033602.jpg 3.jpg
1.jpg
で吐き出す。

出来上がったファイルをニコエンコにつっこみ、
nicoe01.jpg
他設定はほったらかしてスクリプトの書き出しをする。
突っ込んだ動画がある場所に新しくフォルダが出来上がっているので
そのフォルダの中の「process.bat」と「video_in.avs」をいじる。


■エンコード設定

【下準備】
・ニコエンコ内の「x264.exe」をx264OreAQ.1171にする。
 x264.exeの改造版になります。
 ダウンロードは http://seraphy.fam.cx/~seraphy/program/x264/
 の「おまけ」内にあります。

◆x264設定
process.batを右クリック→編集で開く
1_20100621034834.jpg
↑のところを探して、ここを書き換える。

@set X264_BITRATE_OPTION=--bitrate 500 ←ここが映像ビットレート
@set X264_KEYINT_OPTION=--keyint 90  ←シークバーに関係する。最近は90にしてる。

「@echo 1パス目:~@echo.」までを以下に書き換え。
(高画質目指してだいぶ重い設定にしてあります。)

@echo 1パス目:
@set X264_PASS_OPTION=--pass 1
@"%X264_EXECUTABLE%" %X264_PASS_OPTION% %X264_BITRATE_OPTION% %X264_KEYINT_OPTION% --bframes 5 --b-adapt 2 --min-keyint 1 --ref 5 --deblock 0:0 --aq-sensitivity 11 --me hex -m 9 --psy-rd 1 --trellis 1 --scenecut 70 --no-fast-pskip --no-dct-decimate --no-chroma-me --qpstep 20 --partitions "p8x8,p4x4,b8x8,i8x8,i4x4" --threads auto --sar 1:1 --direct auto --level 3 --output "%ENCODED_VIDEO_FILE%" "%VIDEO_INPUT_AVS_FILE%"
@echo 2パス目:
@set X264_PASS_OPTION=--pass 2
@"%X264_EXECUTABLE%" %X264_PASS_OPTION% %X264_BITRATE_OPTION% %X264_KEYINT_OPTION% --bframes 5 --b-adapt 2 --min-keyint 1 --ref 5 --deblock 0:0 --aq-sensitivity 11 --me tesa --merange 32 -m 9 --psy-rd 1 --trellis 1 --me-prepass --scenecut 70 --no-fast-pskip --no-dct-decimate --qpstep 20 --partitions "p8x8,p4x4,b8x8,i8x8,i4x4" --thread-input --sar 1:1 --direct auto --level 3 --output "%ENCODED_VIDEO_FILE%" "%VIDEO_INPUT_AVS_FILE%"
:video_encoded
@echo.


*重すぎる場合は、2Pass目の--me tesaを--me umhにするか
--me hexにして--merange 32を消したりしたら軽くなります。

さらにprocess.batを下にスクロールすると

@if %ENCODE_AUDIO%==False goto audio_encoded
@"%NEROAAC_EXECUTABLE%" -br 96000 -2pass -if "%EXTRACTED_AUDIO_FILE%" -of "%ENCODED_AUDIO_FILE%"
:audio_encoded
@echo.

というところがあるので、ココの-br 96000が音声ビットレート値です。
私はいつも56kbpsなので、-br 56000 にしてます。

◆フィルタ設定
video_in.avsをダブルクリックして開くと

DirectShowSource("ファイル場所")
ConvertToYV12()

となってると思うので(↑以外に色々書いてある場合もあり)
以下のように書き換え。
(他に色々書いてある場合、それらは無視。消しちゃっておk)

DirectShowSource("ファイル場所")
TomsMoComp(-1,5,0)
ConvertFPS(29.97)
ConvertToYV12()
LanczosResize(640, 480)
Crop(16, 12, 608, 456)
LanczosResize(512, 384)


これでおしまい。process.batをダブルクリックして実行すれば、
エンコードが始まるはず。
もし何かエラーが出る場合は、
process.batの半角スペースが抜けていたり
(--min-keyint 1 --ref 5 ←のようなオプションとオプションの間の半角スペース)
もしかしたらTomsMoCompがAvisynthにインストールされてないかも。
AviSynthのPlaginsフォルダ内に「TomsMoComp.dll」が無い方は
ダウンロードしてきてPlaginsフォルダ内に突っ込んでください。



細かくどこが何のための設定かっていうのをすっとばしてますが、
書いたらややこしくなりそうなので・・・w
この状態でも分かりにくいけどねヽ('A`)ノ
ニコエンコの公開停止が痛いですね;
でもオプション設定等々は他エンコソフトでも共通のところがあると思うので・・・。
参考にする方はどうぞ・・・あくまで「参考に」ね!
もっと良い設定だって十分あると思うのでw むしろ私が知りた(ry

videostudioの設定で「スマートレンダリング」を実行とか
可変最大ビットレート、8200くらいまであげたほうが画質よくなりませんか?
2010.08.07 15:50 | URL | 名無しさん | 編集
>名無しさんへ
可変最大ビットレートはやっぱりあげた方が画質あがるのかなー。
試してみて画質データの比較とかしていないから何とも言えないけれど、
私の場合編集前のMPEG2の時点で最大ビットレートが7000止まりだから、
それ以上あげても元データが7000までだし変わらないかなーとか勝手に思ってましたw
今度ビットレート上げてデータ比較してみるかなぁw

スマートレンダリングについては
編集後のデータを吐き出す速度向上や、
画質劣化を防ぐ意味ではとても優れてるのは知っていますが、
どうもこの機能、完全にうまいこと働いてはいないらしく、(私のところだけかもしれないけど)
スマートレンダリングを使うと実況音声がずれたり、ゲーム音がずれたり、
音関連でうまいこといかないことがたまーにですがあって、
スマートレンダリングを使うのをやめてからはこの症状が無くなったので
使う事をやめています(・ω・)
2010.08.08 16:38 | URL | くりゅう | 編集
>くりゅうさん
返答ありがとうございます。
スマートレンダリングについて、自分はvideostudio Pro X3をつかっていますが、これといって音ズレ等はなかったので、質問させてもらいました。

それと、非矩形ピクセルレンガリングのチェックは外したほうがいいのでしょうか。
2010.08.09 16:56 | URL | 名無しさん | 編集
>名無しさんへ
私はビデスタ12だからなー。
それより上のバージョンだろうから、そっちだと大丈夫なのかなw
大丈夫ならスマートレンダリングの方が良いと思います。

非短形ピクセルレンダリングについては
私自身完全に理解しているわけではないのでこの考え方が確実とは言い切れませんが、
PCで表示する場合、ピクセルは非短形(長方形)ではなく、短形(正方形)ピクセルという事だったので、
非短形にする必要ないか。ってことでチェック外す・・・って結論に至った気がします・・・。
(調べたり検証したりしたのがだいぶ昔なのであやふや)
実際チェックを外して動画を作っていますが、特に問題は見当たりません。
要は画質うんぬんというよりは縦横比にかかわる部分なので、
短めの動画サンプルで、非短形のチェックのオンオフ2種類作って
見比べてみるといいかもしれません。
2010.08.10 04:14 | URL | くりゅう | 編集
  管理者にだけ公開する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。